2017年10月19日

静かな夜

日付の変わった、深夜の19日。

定刻に店を閉め、自分の足音だけが響く静かな夜。

ポツポツと降りだした雨にうたれ、夜空を見上げると厚い雲がおおっていた。
今日は予報通り、雨であろうか。
そうだとしたら、買物へ出かけるころには、雨は上がっていてほしいが。

帰路、ホテルの窓辺の暖色が多く灯っていた。
お客さんの話では、朱鷺メッセで 「桑田佳祐」 のライヴツアー2デイズがあり、ホテルの客室稼働率も高く、一時はタクシーも拾い難かったようだ。

その恩恵にはあずかれなかったが、月中の水曜日にしては、お客さんの回転はよかった。
だが、ホテルの窓辺とは対照的に、近隣マンションの灯火は少なく、平日の夜であることを知った。

日の出が遅いので、高ぶる神経を鎮めるためには、秋の夜長はおちつく。
それだけ、店で知らず知らずに気を張っているボクは、疲れているということなのか。

静かな、今は夜。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。