2017年09月28日

無題雑記 96

買い物は、日常生活にうるおいをあたえてくれる。

だが、「行列に並ぶこと」 だけは苦手である。

スーパーのタイムサービスに並んでまで 「特売のたまご」 を手にしたいと思わないのは、先着に列をなすのは、男の照れなんだよな。

飲食店も、行列に並ぶぐらいなら、やめる。
せっかちではなく、区切りをつけたいんだ。

考えれば、並んでまで、欲しいものってあるかな。
協調行動は仕方あるまいが、単独行動ではないな。

記憶をたどれば、上野動物園にパンダを見に行ったとき、何十分も待たされたあげく、立ち止まることが許されない中で見たものは、お昼寝中のパンダの背中だけだったことがある。
数十秒見た後、逆に他の人気のない動物が、可愛らしく思えてね。

水族館でも、イルカショーの開演中は館内が空くので、その間にのんびりと他を見学するのが好きだ。
食品と情操は違うが、列に並んでまで、得した感動したなんて、記憶はないんだよね。

そんな背景もあるのか、行列や人ごみに背を向けたいから、流行にも踊らされることはないようだ。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。