2017年09月23日

百合の花

22日 金曜日。

バーを生業とする者にとって、早すぎる午前8時30分の起床。
呼んだタクシーに行先と順路を告げて、妻と後部座席から、朝の街並みを横目で流すこと15分。

見慣れた街とはいえ、日射しの向きが変わるだけで、その光景は何とも新鮮に映る。
用事は午前に終わり、午後に雑用をかたずけ、少し仮眠をして、長い夜の営業に備える。

店を開けて最初に気がついたことは、昨夜までつぼみだった 「百合の花」 がピンクのグラデーションを帯びて、大きな花を咲かせていたこと。

赤い花粉を取り除き、花瓶の水を変えて、百合の向きを整えた。
花が咲いた、このうれしい気持ちは、なんなんだろうね。

やすらぎが、少しわかってきた。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。