2017年09月18日

訪問日和

台風が接近すると 「人はおちつきがなくなり、思わぬことがおきやすいから、注意に越したことはない」 と言われたものだ。

新潟へ接近している台風18号は、18日の深夜から早朝にかけて、通過すると予想されている。
そんな、刻一刻と台風が迫る、連休中日の日曜営業は、ダメもとで看板を灯していたが、うれしいことに単独の男女のお客さんが、入れ代わり立ち代わり、こんな日に6名も来店していただいた。

古くは営業職の教訓で 「雨の日 風の日 訪問日和」 と言われた。
雨風、だれでも出かけることがおっくうになる日ほど、あえて取引先を訪問するのである。
すると先方から 「よくもまあ、こんな日に来てくれた」 と感激され、競合他社に差をつけられるわけで、要するに緊張感の解けた近い距離で、おちついて商談をしやすくなるということだ。

この発想は、お店も同じで、今夜の営業時間内では、たまたま雨風は間逃れたものの、こんな台風が迫っている中で、来てくれるのはうれしくもなるよ。
それに、同じ場所に居合わせている距離感も縮まるため、お店の雰囲気も親近感が高まり、みんなが自然と優しい気持ちになれるものだ。

こんな日に、わざわざ飲みに出かける人は少なく、杓子定規に家で過ごしていた方が安全ではあるが、天気でしか行動できないようでは、どこか土壇場で融通が利かずに損すると思うのは、ボクだけかな。

只今、日付の変わった18日 深夜3時30分。

外は、徐々に風が強まっており、いよいよ台風18号が、新潟を通過するのであろうか。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。