2017年08月31日

無題雑記 92

店の看板を定刻に消して、只今帰宅。

雨上がりの夜道を歩きながら、ようやく8月も終わりかと、ふと空を見上げて思った。

29日 北朝鮮が日本に向けて、ミサイルを発射した朝の6時。
街の警報システムは聞こえたが、新品の携帯電話が警報を伝えなかった。

ネットはつないでないし、ガラケーは作動しないのかと、気にせずに軽く考えていたら、その日の夕方、妻から電話がつながらないことを指摘された。
昨夜まで正常に使用できていたのに、こんなことがあるのかと、サービスセンターへコールしたところ、本体に関することで、販売店に初歩的なミスがあり、それは済んだことなのでいいさ。

それより、感心したのは電話を介して、小学生でもわかる言葉で説明し、的確に対応してくれたこと。
それがオペレーターの仕事なので、感心も何もないのだが、ボクのように聞きたくて聞けない 「時代の迷い子」 を相手に急かすことなく、専門用語をひけらかさず、丁寧な対応が印象に残った。
逆に、こちらが恐縮したぐらいでさ (笑)

30日 感謝デーのスーパーのレジに並ぶと、しばらくお見かけをしていなかった、ベテランの店員さんから 「お久しぶりです」 と、気軽に声をかけられた。
それをきっかけに、一言二言 「少し心配していました」 と心地よく返す。
シンプルな接客に、会話を通したうるおいなど求めていないが、適時の余裕に人柄を感じる。

そんな共通点は、多機能の電子機器を操作しながらも 「人を見ている」 ことに尽きる。
つまり、接客と作業を同時にこなせることが 「プロフェッショナル」 なんだろうね。

さあ、これから録画した 「2017 世界柔道選手権」 を見ながら、食事に一杯付ける。

その緊張を見終えたら 「エンタの神様」 で大笑いして、また、明日へ気分を備えるとするか。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。