2017年08月07日

月下美人

6日 花火大会に向かう、女の子たちの浴衣姿に涼を感じた。

今は、朝顔にユリ、ハイビスカスなど、デザインも豊富でカラフルになった。
普段、思ってもみないものに、気持ちを向けてみると、ありがたい風情だったりする。

去年のこの日、公私に疲れており、花火を見る気になれず、背中に大輪の音を浴びながら、買い物袋にひとり分の弁当を入れて、一方通行に規制された萬代橋を歩いていた。
http://jazzbar-gig.seesaa.net/article/440832766.html

今年は、妻と打上げの7時に飲食店へ入り、予定では一時間ほどで店を出て、花火鑑賞するつもりが、店の貸切状態に気をよくし、すっかり見忘れてしまい、大輪のひとつも見ることができなかった。

浴衣姿が散っていく中、雑踏から夜空を見上げたら、月の輪がぼやけた、寂しげな満月だった。
posted by GIG at 00:00| Comment(2) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
クリスマスには、復活「ZIZIQUE」ジジック祭りを開催して下さい。
Posted by 久々の石田 at 2017年08月07日 22:42
久々の石田さんへ

また出たな 新潟最強の柔道家 石田!

ひっこめ この野郎 (笑)
Posted by GIG at 2017年08月08日 00:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。