2017年07月30日

Sunrise

長年、日の出と日の入りが、ズレた生活を送っている。

前ほどでもないが、店のかたづけが長引くと、老体を引きずりながら、朝日を浴びて帰る日もある。

途中、新聞配達、牛乳配達、ウォーキングをする人、どこか怪しげな人と、静かにすれ違うこと数人。

ビルや電柱には、ゴミ集積場のエサに狙いをつけた、カラスの群れが不気味に、その時を待っている。

朝刊の見出しに目を通し、記事の詳細は起床してから、ゆっくりと読む。

ベランダで缶ビールをあおりながら、仕事で疲れた生身には、夏の朝日はまぶしすぎる。

「朝日のようにさわやかに」 とはならない。  - Softly, as in a Morning Sunrise -
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック