2017年05月18日

風に吹かれて

17日 午後12時40分‥

近くの埠頭に停泊した旅客船が出航するのか、開けた部屋の窓から、大きな汽笛が鳴り響いてきた。
芝生の緑が映える、川辺の道を西に向けてペタルを回してたら、風に混じって土と草花の薫りがした。

人工的に作られた、浅瀬の付近では、若い夫婦と子どもたちがはしゃいでいる。
木陰のベンチでは、愛に満ちたカップルが川面を見つめながら、無言で手を握り合っている姿がある。

ボクは自転車で、その光景の脇を通り過ぎる。
街は息づいてるのに、川辺に来ると人影が少なく、そこだけ時間が止まっている、白昼の風景がある。

そんな、昼下りの芝生に大の字に寝転んで、大きなあくびをしながら、風に吹かれてみたくなった。
posted by GIG at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お早う御座います。
久しぶりに拝見しました。
名古屋の青山です。
お元気そうで、何よりです。
初めておじゃましてから、もう9年ですね。

18日の記事を読んで、思わず昔の職場近くのやすらぎ堤を思い出しました。

実は、来週の26日(金)〜28日(日)、約3年振りに新潟へ行く予定です。

前回は、いきなりおじゃまして驚かれてしまいましたので、こちらから連絡入れさせていただきました。

顔を出しますので、よろしくお願いします。
Posted by 青山幸司 at 2017年05月20日 07:40
青山幸司さんへ

文中、お元気そうですね。
開店まもないころを思い出します。

10年ひと昔とは言われますが、バーには、人の残像が息づいていますので、すぐに当時の気持ちで再会できます。

その意味で、ご来店を心よりお待ち申し上げます。

PS  転勤時にいただいた 「カレル・ボエリー・トリオ」 のアルバム 「ミッドナイト・ブルー」 は、今も 「深夜の愛聴盤」 にしております。
その中の一曲  「マスカレード・イズ・オーヴァー」 のイントロは、何度聴いても、とろけそうな気分にさせられます。
Posted by GIG at 2017年05月22日 00:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック