2017年04月15日

号外配布

14日 万代メディアシップで 「号外」 を手にした。

千葉県の我孫子市で起きた女児殺人事件の犯人が、地域を見守る保護者会の会長だったというから、なりすましもいい加減、人の信用も末だわな。

刑務所内の受刑者にも、暗黙のランクがあり、ゆがんではいるが 「男を売る商売で男になる」 懲役は一目置かれるが 「子どもに手をかけた」 懲役は最低ランクとされ、他の受刑者からバカにされる。

近年の事件を見ていると、人の命を軽く扱いすぎる。
身体障害者を狙ったり、幼い子に食事を与えず殴る蹴るをしたり、家庭という最小限の安らぎの場所を地獄絵図にしていたり、そんな事件をおこせば、自分もどうなるかわかるだろうに。

それなりに社会性のある大人が、特異な欲望を隠し持ち、日常に潜伏しているんだからな。
だいたい、大人の性が幼児に向くこと自体、にわかに信じがたいが、その立場はまれなケースだろう。
まあ、地域を見守る活動まで疑惑や否定をする、日本人の集団心理が妙な方向に行かなきゃいいが。

率直に、そんなことを感じたね。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック