2017年04月04日

感情乱舞

春は気まぐれ。

何を着て、傘は持つべきか、風は花粉をまき散らし、出かけの気分をそいでしまう。

春は思わせぶり。

桜の開花を待ち焦がれている、人間をあざ笑うかのように、期待をもてあそんでいる。

春はつきあいずらい。

泣いたり、怒ったり、微笑んだかと思えば、突然狂い咲き、春の嵐を引き起こす。

春は 「感情乱舞」 である。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック