2017年03月14日

Be My Love

7日のブログのコメントに、キース・ジャレットの名盤 「ケルンコンサート」 は 「冬のイメージです」 と、心象風景が寄せられていた。

イメージは人それぞれで、ボクは色でたとえるなら、純白で時に透明度を感じて、聴き終えたら、神から洗礼を受けた気持ちになる。

それともうひとつ、セックスのイメージがある。
次第に陶酔していく様子は、どこか男女の交わりを感じてしまう。

20年前、身近に 「ケルンコンサート」 を聴く、年上の女性がいた。
どんなときに聴きたくなるのか、たずねたら 「彼に抱かれながら」 と艶めかしく笑っていた。
本当かウソかはわからないが、その旋律に 「艶と愁い」 があることは確かだ。

このアルバムの魅力は、ナルシズムな美意識だけでくくることなく、純然たる即興による感情の移ろいをピアノだけでデッサンした、自由で聡明な美しい音楽アートを感じさせられる。
それがきっと 「セックスアピール」 を抱かせるのかもしれないね。

「大人の音楽」 という観点からいえば 「ザ・メロディー・アット・ナイト・ウィズ・ユー」 も晩年の心に響く素敵なアルバムである。

その中の一曲 「ビー・マイ・ラブ」 が好きだ。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Jazz & Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック