2017年01月14日

雪にも負けず

タクシードライバーが、言っていた。
「天候が荒れると、予定がない人は、みんな帰りますから、逆にヒマになりますよ」 と

13日 金曜日 雪が積もった。
中央区は、15cmらしい。
それも、寝起きの午後2時に気がついた。

会社へ出勤するのとは違い、お店は 「仕入れ」 がともなうから、買い出しは日課である。
それでも、自転車をリヤカー代わりにして、ただ黙々と状況に応じて使い分けるが、荷物の重量に雪の粘りが加わり、ブレーキが利きにくいため、加速の調整がむずかしくなる。
雪道に自転車なんて、人にすすめられないけど、つい便利だから、カッコなんて構っちゃいられない。
とは言え、自転車は軽車両扱いなので、その慎重さはあながち、冗談めかすつもりはないが。

今週、一般的に新年会や各種会合、年始の代休などで、ありがたいことに来店に連続性があった。
お客さんの中には、大きく二つに分けて 「年末派」 と 「年始派」 があり、どちらかに足を向けてくれるおかげで、一年タームで挨拶を交わせる、いいきっかけとなっている。
それに、宮沢賢治の 「雨にも負けず、風にも負けず」 タイプの強者も多いからね (笑)

雪の金曜日は、平日よりもヒマだった。
その分、まだ浅い時間、一見の出張客と久し振りに、深いジャズ談義を交わせた。
やっぱり、平衡感覚 (バランス) のとれた人と会話すると、後味は良いものだ。

また 「こんな雪の日じゃ、客も少なかろう」 と思ってくれたのか、雪道に複数の常連客の足跡。
こういう日だからこそ、人の心の温かさが胸にしみる。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック