2016年12月27日

Memory

クリスマスツリーをかたづけたら、店内が少し寒々とした様子に映った。

昔から、この日を境に、質屋 (リサイクルショップ) などの買い取り専門店が忙しくなると聞く。
理由は説明するまでもないだろう。

資本主義において、多くのモノを手にした (できる) 現代では、プレゼントに不感症になっている。
プレゼントで気持ちを満たせても、不感症も進行するから、モノだけでは、人の気持ちは支配できない。

それに、高価なプレゼントが愛情の深さと思うのは錯覚で、むしろ相手に精神的な負担をあたえるから、その重さに破局をもたらすこともあるだろう。
このあたり、モノより記憶で、そんなに形は重要ではない気もする。

それなら、コンビニカフェのプラスチックカップを飲みながら、夜の寒い街角を一緒に腕を組んで歩くのも素敵だと思うし、寝る寝ないではなくて、体の一部に触れ合えることが、おたがい心地よかったりする。

まあ、肌と肌が触れ合う関係になって、初めてわかることもあるだろうが、精神的な距離が大切だから、モノより二人だけにしかわからない 「特別な記憶」 ということになろう。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック