2016年12月17日

レム睡眠

眠りが浅くなってきた頃、ぼんやりとした夢が心地よくて、ベッドでよいんにひたっていることがある。

何の夢かわからないけど、潜在的な欲求を表している気分。
目が覚めてしまえば、すっかり忘れているが、何かの拍子で場面を思い出すこともしばし。

作家の山田詠美が、南の島のホテルで寝ていると、男性の霊が現れて抱かれたことがあると、何かの本に書かれていたが、東南アジアでは、霊と性交する人は多いんだとか (笑)

金縛りは経験あるが、夢で霊と関係をもつのは、にわかに信じがたく、浅い眠りのときは、脳波は動いてるから、過去の体験が原作となり、編集されない映像が、夢に現れるんだろうね。

浅い眠りが作り出す、他愛のない夢だけど、自分の深層が垣間見えるようだ。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック