2016年11月21日

無題雑記 60

20日 午後2時に起床。

今場所、十両に昇進した、新潟出身の地元力士 「小柳」 が、7日目にそれまで全勝の 「大砂嵐」 を豪快な上手投げでねじ伏せたというので、どれほどの相撲をとるのか、今日の一番を見た。

8日目 元幕内 「誉富士」 を相手に、堂々と白星を挙げ、内容たるもの、突っ張られても前傾姿勢はぶれず、腰がどっしりとすわっている。
上下に柔軟性があり、体格も強靭なので、強くなる下地はあると思う。

あとは、土俵上の気性がどれだけ強いかで、出世のスピードは決まるだろうし、玉石混交な十両の番付では、強い部類に入るから、早く幕内に上がり、大相撲ダイジェストを見て、トータルで判断したいな。

夕方5時すぎ、散歩をかねて、大畑町の 「旧齋藤家別邸」 へ、ライトアップされた、庭園の紅葉を見に出かけた。

昨年、初夏の昼下り、大広間でコーヒーを飲みながら、のんきに庭園を眺めていた経験から、この日ものんびりできると思いきや、前列はスマホで撮影する人に横並びされ、せっかくの風情が損なわれた。
これも仕方あるまいと、色めく紅葉を目に焼きつけて、庭園をあとにした。

日頃、通ることのない夜道を、妻と肩を並べながら、歩くこと15分。
古町で熱いコーヒーを飲んで、今日2回目の買い物を本町で済ませ、萬代橋西詰めから、万代へ戻る。

足元には、イチョウの落ち葉が黄色く敷かれ 「小さい秋」 が、終わりつつあることを実感した。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック