2016年10月11日

Tokyo 1

今年も妻と二泊三日で、東京に滞在していた。

9日 新幹線で上野に 12時20分 着。
山手線を経由し、池袋のホテルに荷物を預けて、新宿へ向かう。

妻は東京の友人と4人で、遅めのランチへ行き、ボクだけ別行動。
小田急線に乗り換え 「下北沢」 に下車して、心境めずらしく、そのまま街歩きを始めた。

幼少期、世田谷区の大原という街に、一家4人で住んでいた。
何の変哲もない、住宅街のアパートに、2年は住んだであろうか。

物心が高ぶる時期、子どもの好奇心は、新しいことには余念がない。
それが、大人になると、たいていの経験は済んでいるから、ものごとの関心は薄れてくる。

それら、自分にしかわからない経験ながら、とりわけ印象に残ったことがあった。
育った街を通して、自分を見つめている 「子ども性」 が、まだ残っていたこと。

「二度と来ることのない街」 をあとに、京王線 「初台」 から、雑音あふれる新宿へ戻ったのは、15時。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック