2016年08月21日

魔物の正体

五輪でメダルを獲るのと獲らないのでは、その後の人生さえも変わってしまう傾向がある。

スポーツの世界では 「会場には魔物がひそんでいる」 ようないわれ方をするが、この言葉の意味は  あんがい 「人生観」 を指しているような気もする。

メダルを獲得した選手は 「勝ち組」 として、これまでの生活にボーナスポイントがついてきて、時の人あつかいされるが、そこに至るまでの、想像を絶する過酷な練習の裏付けにはくみをする。

しかし、メダルを獲得すれば知名度は上がるどころか、引退後の行く末まで、コメンテーターはもとより、芸能人や実業家、果ては国会議員にまでなれるんだから、夢の勘違いを描く選手も出てくるだろう。

まあ、才覚があればの話だが、多くの展開は、実力よりも人気が先行するものだ。
それに、人を押し退けたり、強烈な自己主張ができないと、メダリストにはなりにくい。

また 「強さに全幅な信頼」 を置くようになるから、ひとえに温厚すぎたり、優しすぎる選手には、代表はつとまりにくいし、強靭な精神力が備わってないと、とても勝ち上がれる世界ではない。

だから、芸能人や国会議員にまでも、なれてしまうのかもしれないね。

今大会の注目競技で、メダルを獲得できなかった選手に、女子柔道2人、女子レスリングで1人いたが、顔と名前を覚えている人は少ないし、その存在すら忘れられているだろう。

それほど闘いの後には、勝者と敗者しかいないのだと、肝に銘じておくべきなんだろうな。

ただし、敗者だったからこそ、これからの人生設計や社会の縮図が見えることもあり、意外な展開の末巻き起こる出来事が 「魔物の正体」 なんじゃないかと思える。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック