2016年08月17日

二礼二拍一礼

ようやく、鼻緒ズレに慣れたころだが、下駄を履くのも今日が最後であろう。

16日 午後6時に新潟護国神社の正面、鳥居で友人らと待ち合わせた。
妻とも気心の知れた4人で、石畳の参道を歩き 「万燈みたま祭り」 の祭典が行われる本殿へ。

毎年、14〜16日の3日間は、戦没者の慰霊祭が行われるが、最終日の夜は参拝者が少なく、静かな境内でおごそかな気持ちで 「二礼二拍一礼」 をできる。

わりあい古風な考え方をするボクだが、これまで神事に触れることは多くなかった。
こうして、触れる気持ちになってきたことは変化であろうし、気休めながら神聖な活力を浴びたようで、  神社の荘厳さは好きだ。

この日の境内、立派な神輿や元気な担ぎ手、派手な灯籠や縁日が出るでもなく、しめやかな雰囲気で盆踊り大会が開かれている程度で、去年と大きく変わってたのは、ポケモンGOで遊んでいる人たちが、鳥居の周辺から参道に、ざわざわとうごめいていたことかな。

生温い夜風に吹かれながら、少し夏疲れした体ではあるが、気分はおちつきとともにすこぶる。
信心深さはないが、神霊に手を合わせることは、自分に対するやさしさも意味することかも知れない。

その夜、楽しいお酒を飲めた。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック