2016年06月16日

Restaurant

今夜、妻は女友達と4人して、新潟駅前のレストランバーに出かけた。

女性は味に敏感だから、料理の 「さしすせそ」 まで言葉にするからね。
まあ、たまにはこうして、女同士で浩然の気を養わないと、生活の味わいも薄らいでしまうだろう。

ボクら世代の女性は、内なる自分に対して、比較的に正直に生きたと思える。
それに好景気に加えて、恋愛ドラマが大ブームだったので、割りと早い年齢で結婚した男女も多い。

その分、あっけないほど早く離婚したカップルも多いが、今では離婚歴をふせるような時代ではなく、 寧ろ公開株として、経験値 (花嫁修業) に置き換えられるから、間違った比較ではないんだ。
だから、料理の腕前は職人以上だったり、女性の台所歴はバカにできないからね。

そんな人をつなぐのが食事会であり、食事を大切にすることは、人生も大切にしていることになるから、「ボクの身の回りの世話だけに専念してほしい」 など、束縛的な気持ちを持ったことはないな。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック