2016年05月25日

登場人物

長年、万代に住んでいると、赤の他人とは言い切れない、顔見知りも少なくない。

しゃべったことはないけど、おたがいの存在はわかっている。
そのうち会釈を交わすようになり、かんたんな挨拶ひとつ、何かのきっかけで気軽に話せるようになる。
その時点で、少なくても相手の警戒心は解けているわけで、これが本来のプロセスかと思える。

街中で 「いつもはいる時間なのに、最近あの人は見かけないな」 とか。
買物するにも 「最近、あの店員さんはいないけど、どうしたのかな」 など。
情にも似たような気持ちが、日常生活を豊かなものにしてくれる。

日常に現れる 「登場人物」 は、だれでも複数は思い浮かぶだろう。
そこは時間が積み重なってたり、何度もすれ違った空間だから、言葉を交わさなくても、意識や体温は伝わっているものだ。

つまり、日常は顔見知りの中で生活をしているから、社会的なことを考えれば、少しはきちんとしている必要があるし、個性の違いを認識しながら、人つきあいは切っても切り離せないものがある。
だったら、ヘタに構えず、堂々と生活をしていた方が、気持ちがいいに決まっているからね。

こうして文章にするとむずかしそうだが、実は 「だれもが思っていること」 にしかすぎない。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック