2016年05月16日

Consumption Mind

15日 新潟鉄工所が鳴らす、夕方5時のサイレンを聞いたのが、下町にある大要劇場の前。

横目でチラッと色っぽいポスターを見てから、青信号を確認して古町の番地を自転車でさかのぼる。
古町9番町の入口で、イベント終了の雑踏とあいまって、左に迂回して萬代橋へ帰宅進路を変えた。
まあ、休日の 「一コマ」 でしかないが、サイクリングをしながら、明日の用事も済ませておいた。

あとは、自由時間。
日曜のわが家は 「台所休み」 にしているので、夕食は買いに行くか、外食へ出かけるか、それとも別々に済ませるかだが、最近は 「散歩と外食をセット」 にして、宵の口のピクニックにしている。

萬代橋から左右の岸壁を見渡すと、今さらながら 「新潟はきれいに整備されたな」 と感じる。
東京から新潟へ帰って来た時は、柳都大橋もかかってなければ、やすらぎ堤の拡張整備も途中だった。

新潟に変化の兆しが見えたのは02年ほどで、政令指定都市になった08年は平成の大不況で経済が大打撃を受けた一方、マンション建設やインフラ整備は進み、中央政策に滑車がかかり今がある。

生活は便利になったが、時代の価値観は変化し、経済の閉塞感からは依然抜け出せていない。

日々、生活必需品を買いだし、余暇を飲食店で過ごしていると、何となく 「今」 が見える。
そして、自分が営む 「ショットバー」 は、もう一歩踏みこんだ 「本音」 が知れる環境にある。

だから、本音は会議室にないのを知る公職、または報道関連にたずさわる人の思考はデスクにはなく、街中の現場に自身の 「集音マイク」 を持って、過ごしている姿も見うけられる。

あの、BRT (バス連結システム) が、あんなに受け入れられなかったのは 「御殿」 から 「街場」 に出ないから、きっとわからないんだろうな。

それとこんなに 「消費マインドの低い、政令指定都市」 って、他にあるのかな‥

街中は整備されていく反面、マインドは 「ハリボテ」 のような気がするけどね。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック