2016年04月29日

空想旅行

28日 降水確率90%の寝覚めは、12時40分。

気温は19℃、雨は静かな立て降りなので、外出をしやすい日だった。
毎週、父親の療養病院へ面会に行くことが、最後の奉公だと思っている。

雨日のわりには、バスの乗客が少なく、道路の交通量も空いていた。
心なしかスーパーの買い物客も少なく、生鮮食品の品出しも加減をつけている様子。
また、雨天の買い物は荷物がかさばるので、駐車場完備のスーパーへ自家用車を出す人も多かろう。

さあ、10連休のはじまりである。
交通渋滞の予想ピークは29日と3日で、一週間予報によるとハッキリしない天気が続くらしい。
今夜、ゴールデンウイークのファンファーレが鳴ったかのように、解放感に包まれた店内だった。

もし、ボクが10連休とれたら、腕時計を外すであろう。
欲求にならえば、サイパンの浜辺でハンモックに揺られながら、ボサノバを聴いて過ごしたい。
夜はホテルのプールサイドに場所を移し、バドライトを飲みながら、静かな会話を楽しむんだ。

海や空を満喫する遊びはおちついたし、理屈とはちがう感性で、何もしない時間に魅力を感じる。
年々、過ごし方はシンプルになるし、休みだから海外旅行だの、ぜいたくに固執しなくなるもの。
他人からしたら、つまらなく思われそうだが、半世紀という節目がけじめをつけたのかもしれない。

数行書いただけで、好きだったサイパンに出かけた気分にひたれるから、原価ゼロの空想旅行だ。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック