2016年04月10日

LOSE

これって、ちょっとした喪失感だったのかなあ‥

お客さんが引けたあと、好みのジャズをチョイスして、一服の清涼剤にしているときがある。

しかし、この一か月ほどそんな気は起きず、聴いていても上っ面だけで、音が耳に届いていなかった。
むしろ、うるさいとすら感じて、ボリュームを絞ることもあった。

常連客 「N塚さん」 の訃報を知ってから、一か月ほど経過した。
きっと、ひとりでいるときの気分も、ふさがっていたのであろうか。

彼はボクと同じで 「インスト」 モノから入ったので 「歌」 モノはあまり聴いていなかった。
だけど、彼は映画 「 Monica Z 」 に魅了されて、次第に 「ヴォーカル」 に興味を示し出した。

その意味で、ジャズへの魅力は尽きなく、新しい話題も増えて、趣向もほどよく合っていたと思う。
また、つきあいが成長していたから、突然の別れはなおさら残念であった。

ジャズの情報を気軽に交換して、気軽に対話を楽しんで、気軽にののしりあった (笑)
今はジャズの話ができない、言い知れない寂しさだけが残っている。

「コレ、いい」 と感じて、N塚さんに教えよう思っても 「ああ、そうか、いないのか」 とわれに返る。
こういうのが、小さな喪失感なんだろうな。

これからの人生、得ることよりも、失うことが多くなるから、タフに生きなきゃな。

今は大丈夫さ‥
モニカ・ウィズ・エヴァンス 「ワルツ・フォー・デビィ」 を聴けるし、心のすきまを埋めてくれるようでね。
  
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック