2016年03月10日

Tick Toke

腕時計の日付が2日遅れに気づき、リューズを回して、ようやく 「10日」 に合わせた。

時計をながめていると、どこか不思議な気持ちになる。

小刻みなリズムで秒針が前進するだけで、決して後戻りすることはない。
秒針が一周すると長針が1つ進み、長針が60進めば短針が5つ進んで、キッカリ一時間となる。

長針は意識している今を刻み、短針は意識にない今を刻んでいるようにも思える。
考えてみれば、人生は 「時計盤」 みたいに、単純なんだけど神秘的である。

恋愛の心理テストで、男の時計は女性にたとえられるらしい。
時計をコレクションしたり、その日の気分でつけかえる人は、浮気性とか、心変わりしやすいのだとか。

また、ビジネスの世界では、時計 (時間) を気にする人は、神経質で野心家が多いそうだ。
本当のところはわからないが、肌身離さないモノは 「だれかの分身」 のような気もするが。

ボクは時間はさほど気にしないから、身に着けていることで、おちつきたいタイプかもね。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック