2016年01月25日

無題雑記 26

さりげない休日こそ、休日である。

大相撲千秋楽、大関の琴奨菊が優勝を決めた一番を見てから、遅めのシャワーを浴びた。
おろしたてのハイネックセーターに袖をとおし、今冬はじめての雪用ブーツに履きかえる。

雪道の中、妻と本町へ買い物に出かけ、古町で書籍をながめてから、喫茶店で時を過ごす。

休日の裏技だが、購入品をコインロッカーに預けて、手ぶらで街中を楽しむことが気分転換となり、    こういう息抜きの時間を大事にするようにしている。

何もこんな大寒波の日に出なくてもと思われるだろうが、いやいや、こういう日だからいいんだ。

見渡すと臨時休業した小規模店もあり、街の灯りは分刻みでおちていき、主要なのはコンビニや牛丼店大手商業施設ぐらいとなる。

タダでさえ、日曜は人が少ないが、この足回りでは仕方あるまい。
だから、どこへ行っても空いているが、物静かな商業施設をのんびりとふらつくと気分はおちつく。

それになんとなく行くところは決まるもんで、なんとなく見覚えのある顔とすれ違い、街角で偶然出会った顔見知りと無駄話に興じたり、人が少ない場所に好奇心を抱くのは、われながらの性分であろうか。

それになぜか、ただ、歩きたくなることがある。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック