2015年12月25日

冬のイチゴ

暖冬のせいか、今年はクリスマスムードが薄らいでいるようだ。

自宅用に予約したケーキは、ナイフで6等分にした。
当分、ケーキは食べなくても良さそうである。

ケーキの主役となる、艶のあるイチゴを口に含むと、甘みがあって美味しかった。
イチゴの旬は春先なのに、いつの頃からか、冬の味覚に季節変わりしてしまった。

子どもの頃、牛乳に砂糖をまぶして、その中にイチゴを入れて、スプーンでつぶしながら食べたけど、   今はどうなのかな。

シャレた大人の夜は、シャンパンとイチゴの取り合わせは定番だが 「リチャード・ギア」 じゃあるまいし自分だと気恥ずかしくなってしまう。

それに、イチゴは大人の食べ物であろうか。
酒を飲むようになると、甘いものを口にしなくなるように、フルーツも口にしなくなる。

デザートとして食べるのは上品だが、自分で買ってカットしたりする人は少ないのでは。
その点、イチゴはヘタを取って食べやすいから、子ども用のフルーツには適している。

だけど、イチゴは甘い口づけの代名詞だから、想像上 「おやじのイメージ」 として似つかわない。

どうも、イチゴとおやじの絵面は、ビジュアル的に 「お口の恋人」 とは、程遠い世界観がある。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック