2015年12月20日

Movie Scene

SF映画の大ヒット作 「スターウォーズ」 シリーズの新作が、10年ぶりに全国で封切られた。
(個人的には、一作も見たことはないので、語れない)

初上映の1977年ころ、今ほど娯楽がないから、日曜の映画館には長い行列ができていた。
小遣いを映画に費やしている同級生も多く、映像を早送り巻き戻しできない、集中力はあった。

英会話ができる同年代と話すと、時代の 「アメリカ映画」 に影響を受けたという人が多い。
それに 「エアメール」 が広まったころだから、英和辞書を片手に、憧れの映画スターへファンレターで気持ちを伝える若者もいた。

邦画と違い、洋画には日常と違う世界があるので、好奇心が旺盛な若者には魅力があった。
映画を流暢に語れるほどの本数は見ていないが、どの作品にも当時の世相や流行が反映されており、時代の鑑のような役割を果たしていたとは思う。

それと英語の興味に加え、歴史認識やライフスタイルの違いを知らされるなど、隠された見所も随所にちりばめられていたから、映画を通したアメリカへの憧れは強かった時代だ。

それに映画は主観的に見るものだから、答えはひとつではなく、ランクづけできるものでもない。
だから、記憶に残る名場面は人それぞれ違うのはあたりまえだし、人生の何たるを説くまでもない。

何かあるとすれば、自分に刻まれた名場面の記憶は、永遠に色あせないことだろう。

今の時季なら、79年公開 「ロッキー2」 の 「動物園でのプロポーズ」 シーンが思い浮かぶ。
そのシーンに耳を澄ますと、教会の鐘の音 遠くの汽笛音 野鳥の鳴き声 雪道の足音 衣すれの音 緊張した吐息 など、聞き逃しそうなディティールが映像を後押ししている。

実感が伝わるこの場面、まるで冬が二人を祝福しているかの 「ボクが選んだ名シーン」 のひとつだ。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Cinema Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック