2015年12月09日

街場ひとり旅

バーのお客さんは、自然な社交で飲み方が上手いし、酒に飲まれて醜態をさらす人も少ない。

しかし、自宅では意外にもアルコールは少量で、特にウイスキーをたしなむ人は少ないようだ。
その意味で、ウイスキーはそれなりの雰囲気で飲む酒だと思う。

カクテルも同じことで、自宅でシェーカーを振ったり、三角のショートグラスで飲む人は少ないだろう。
中には、自宅用にバーセットを揃えたのに、数回使ってボードにしまいっぱなしの人もいるであろう。

それに、何かに影響されてはじめたのはいいが、ハード (用具) を揃えても、ソフト (材料費) が、  ランニングコストになるから、とめどなき趣味とはならない。

ボク自身、食卓では水代わりにビールでのどを湿らすか、長い夜になりそうなときだけ、ウイスキーの   水割りをすべらせるぐらいだからね。

ウイスキーやカクテルはバーで飲むもので、自宅で丸氷をこしらえて飲んでも気分は高揚しないもん。

慣れた席で友人とグラスを傾けたり、時にはひとりで足を運び、バーテンダーと気軽な会話を楽しむなどバーでは 「時間を楽しむ感覚」 に身をおければ、それは興味深い一杯になると思える。

パブは、だれもが知っているからカジュアルであり、バーは、自分の空間や時間をもてる場所だからフォーマルで 「隠れ家」 と閉鎖的な言われ方をされるが 「けじめ」 としての場所といえよう。

さわいで楽しむ場所でなく、おちついて楽しむ場所だから、そこには類な時間が流れている。

さながら、パブは自由席、バーは指定席、座り心地は異なり、バーは 「街場のひとり旅」 である。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック