2015年10月20日

Jazz Talk Vol.65

毎年9月 東京丸の内で開催される 「東京ジャズ」

今年で、第14回目を迎えた東京ジャズの模様は、10月にダイジェストとしてBSでオンエアされるので、いつも楽しみに見ている。

魅力は、従来からあるジャズのスタイルだけにこだわらず、レジェンド (巨匠) はもちろん、国際色が豊かな若手プレイヤーたちの 「今」 を感じさせるステージである。

別番組のインタビューで、新進気鋭のジャズピアニスト兼プロデューサー 「ロバート・グラスパー」 は こう語っている…    「音楽という広いジャンルの中で、いつの間にかジャズは孤立的になった」

そんな投げかけに、既成のスタンダードをより現代風にアレンジした、若手が名のりを上げてきた。
ビッグネームでは 「上原ひろみ」 好みは分裂すると思えるが 「マッド・リブ」 男性ボーカルなら   「ホセ・ジェームス」 であったり。

今、若者の主流であろうジャズは、ロックビートではじまったり、俗に ヒップ・ホップ・ジャズ であったり、いろんな音楽的要素の複合体なので、ひとつのノリだけでは収まり切れなくなっている。

それにムリにジャズを名のることもないだろうし、ジャズのスタイルにも選り好みがあるだけに、開かれた気持ちで聴かないと、どうしても狭い世界だけにおちいりやすい。

ジャズは、既成概念を壊してきた音楽だ。
こうして、壊してきた先人たちが、今壊そうとしている若手たちをとやかく言うのは、お門違いであろう。
自分の好みでないからと言って、否定してはいけないし、可能性のためにも好きにやらせりゃいいんだ。

物わかりのいいことをつづったが、ボクの軸足は伝統的な 「アコーステックジャズ」 にある。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Jazz & Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック