2015年10月15日

桜の勇者

子宮がうずいた女性も、多かったんじゃないかな…

久し振りの 「ニューヒーロー誕生」 である。
ラグビーワールドカップ日本代表チームの祝福ムードが続く中、人気の渦中にいるのが 「FB 五郎丸」

均整がとれ、引き締まったボディに厚い胸板、燃え立つ情熱。
クールで甘いマスク、ピュアなハート、男の清涼感がただよう。
既婚であることも、おちつきのある男として、映っていると思われる。

肉体をぶつけ合う、ラフなスポーツ (格闘系) では、一般常識や社会的な教養がないと、ただ図体がデカいだけの野蛮な男ぐらいにしか見られない。
残念ながら、世間とはそういうものだ。

だが、別な言い方をすれば、今求められているスポーツマンシップは、強くて品格のある硬派である。
基本軸は、いつの時代であれ、男は硬派であるべきだと思う。
彼ら 「桜の勇者」 たちからは、気高さを感じた。

今の若い世代、汗を流すのか、知恵を出すのか、どうもハッキリしないところがある。
少しはラグビーを見て 「集団行動の中での個人とはなんぞや」 考えてみてはどうだろうか。
あのスクラムの中には、いろんなドラマがあるんだろうし、スポーツをどういう視点で見るかだよね。

五郎丸はこう締めた。
「自分たちはトップじゃないので、勘違いしてはいけない」  あたりまえだが、浮かれてない。

ご当地、新潟からも、快進撃の立役者であり、郷土の星となった 「FW 稲垣」
しかし、言いたいことがあるぞ   早よ、床屋へ行けてば ! 
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック