2015年10月12日

イベント

イベントが満載だった、新潟の三連休。

決して広くはない中央区で、毎回こんなにイベントをぶつけ合って、どれほどの効果があるかは疑問だ。

イベント自体はいいんだけど、人は飽きる生きもの。
だから、少し待ちわびたり、たまのイベントだからいいんであって、三連休や週末のたびに、こうまで   連発されると、逆に忙しなくて行こうという気にはならない。

街の活性は集客ありき、人の選択肢も増えるという点では、いいのかもしれない。
だけど、恒例行事だから仕方なくやるでは、長い会議をやりたがる輩と同じである。
むしろ、内容に乏しければ、企画を吟味して規模を縮小したり、別にしなくてもいいかと思う。

ボクは、わざわざ混雑しているところに出かけて、やすらぎを求めようとは思わない。
求人誌に年中、求人募集の広告を載せている企業のページは、サラッとめくり飛ばされるのと同じで、人の心理なんて、慣れてしまったことには、素っ気ないものである。

新潟の町おこしは否定しないが、同時期に限られた時間の中でボリュームが多すぎるから、どこで何をやっているのか、整理つきにくいことは事実だよね。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック