2015年09月24日

吉幸五回忌

彼と出会ったことで、気持ちにうるおいを与えられたことは確かだった。

24日 吉幸 (よっちゃん) の五回忌 (享年46歳) となる。
そんな命日を心に刻み、毎年こうして回想することで、冥福を祈っている。

人間関係、深いつながりができるまでには、そこそこ時間を要するものだ。
お店を交えた出会いだったとはいえ、特別に親しくなれそうな予感がした。

小細工なしの屈託ない性格に惹かれ、見失っていた大切なものを呼び覚まされ、同じ年で気があった。
しかし、楽しい時期は長くは続かなかった。

仕事も家庭も失い、病におかされていたことを知るよしはなかった。
こう記すと 「転落人生」 と思われそうだが、名誉のためにいうが、それは断じてない。

優しく、情があり、気のいいやつだった。
残念なことは 「いい面」 に気がつかないまま、つきあいを絶たれた過去も多かった。

ボクにできることは、彼の名誉を守ること。
それをしなかったら、彼を裏切ることになるし、男仲間として 「クズ扱い」 されるからね。

それでも、ここ2〜3年ほどかな…  よっちゃんを思い出すと微笑むことができるようになったのは。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック