2015年08月11日

無題雑記 13

正午 蒸し暑さに安眠を妨げられ、再度、寝室のエアコンをつけようとしたがやめた。

エアコンに依存し過ぎると、新陳代謝が鈍るおそれがあるので、窓を全開にしてそのまま起きた。

夏の甲子園大会を見ていると、炎天下の暑さが極限として伝わってくる。
選手や審判はもとから、アルプススタンドあたりは、ゆうに40度はこえていると思われる。

都心の野外イベントでは、熱中症で倒れ搬送されたなんてニュースを見かけるが、さらにスポーツの    世界においても、ただごとじゃなくなりそうな暑さである。
それを 「熱血球児よ、感動をありがとう」 なんて、記事の見出しに踊っている場合じゃなかろう。

日中の仕事もダラダラとせず、サッととりかかって、パッと終えるのが理想的だしね。
5年後の東京五輪だって、秋に移行したほうがいいとの論調は強まってくるであろう。

昔と今では、暑さのレベルが変わったんだから、思考や行動も少し変えなきゃいけない気がする。
まあ、日本人は伝統とか情緒を重んじるから、おいそれとは決められないからな…

新潟弁で 「いや いっーや なまら あっちぇ わいや」  (いやー、本当に暑いぞ)
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック