2015年08月09日

原爆の日

ボクに子どもがいたら、こういうことを教えたい。

今年は、戦後70年となる、節目の年である。
連日、二度と戦争を繰り返さないため、貴重な戦争証言を目にしている。

この際、観念的な言葉は一切省く。

広島で、救護体験者 (当時13歳) の証言が生々しかった。
「無数の遺体や負傷者を見ているうちに、死への恐怖が薄れ、次第に悲しみの感情も奪われた」
これが、戦争の怖ろしさなんだ。

ボクの父親は、長崎出身である。
長崎 「原爆の日」 となる、今日9日は、奇しくも新潟まつり最終日の花火大会。
父 (当時11歳) は、その時の体験を思い出すのか、この日だけは食事を口にすることはなかった。

それが、父親なりの慰霊者に対する 「型」 だったのであろう。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック