2015年07月09日

音楽符丁

8日 久し振りに小粒の雨音を耳にしながら、気分よく目覚めた日だった。

洗い立てのTシャツに首を通してから、ブルーの傘を開いて、近くのスーパーへ出かけた。
雨の日は、傘で片手がふさがるので、できる限り身軽にしておきたい。
だから 「これ買おうかな」 と思っても 「こんな日に買わなくてもいいか」 と購買意欲は下がる。

雨の日は、読みかけの文庫本を持ち歩くことが多い。
帰り際、荷物が軽ければ、喫茶店で本を読みふける時間がいい気分転換になるんだ。

それも週半ばで、静かな雨の日であれば絶好となる。
週末やカンカン照りの日には、人の出入りがひんぱんになるので、読書をする気分にはならないんだ。
自宅はドライアイスを使うほどの距離ではないが、冷凍食品を買ったら、帰宅を意味することになる。

最近のスーパーでは、音楽の 「符丁」 (店員が知る合言葉) って、あるのかな。
高校時代にバイトしたスーパーでは、雨が振り出すと館内のBGMが 「雨に濡れても」 に切り替わり、混み合って来ると心が躍動する音楽となり、支配人クラスがハッスルして館内を巡回していたなあ。
最近そのスーパー、来る新潟まつりを意識してか 「佐渡おけさ」 を流しているけど早くねえか。

毎度のスーパーでは 「ユーロービート」 が流れていたけど、全従業員に 「ノッて行け、ノッて」 とか、お客さんに 「ファイト」 をそそいでいるのかな。
だったら 「お魚くわえたどらネコ…」 からはじまる 「サザエさん」 のテーマなんてどうよ。
ハートフルな感じがして、生鮮食品がカラフルに見えそうでいいと思わないか。

雨の日、スーパーでイージーリスニング的に聴きながら、ゆっくり買物するのであれば、自宅の風呂で鼻歌できるような曲が一番いいんじゃないかな。

80年代に大流行した 「シャカタク」 なんかも買物するには、いいBGMだと思うけどね。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック