2015年05月17日

KINSHO WHISKY

16日 ニックネーム Dさん から、希少価値の 「キンショーウイスキー」 を、提供していただいた。

酒蔵は、清酒の製造元で有名な 新潟県新発田市の 「金升酒造」 (かねますしゅぞう)
ラベルの 「キンショー」 は 「金升」 を音読みにしたという。

創業は古くも、蔵元の四代目が終戦後、清酒の製造を中断して、モルトの蒸留を開始したが、次第に    洋酒の需要が縮小したことで、現在は完全に製造を取りやめたという。

そのときの 「10年貯蔵ウイスキー」 を、60年以上保管されていた 「ヴィンテージボトル」 に詰めて、シリアルナンバーつきで 「限定330本」 中の1本を手に入れた。
容量は 330ML で、限定小売価格 1本1万8千円前後 するという。

その味と香り、ボトルのヌードデザインに、当時の時代背景を嗅ぎ取れるものの、金升酒造が自社で    製造していた 「最後のウイスキー」 というだけでも、興味がそそられる。

ボトルは隠してあるので、飲みたいと申し出てくれれば 「15MLストレート」 で無償提供する。
その代わり 「本当に飲んでみたい」 という、先着20人に限らせてもらいたい。
というのも、金升酒造の社長の友人である Dさん の心づけにお応えする意味だからである。
その上で、清酒の酒蔵が作ったキンショーウイスキーを、雑学のひとつに加えてもらえたら、うれしい。

ウイスキーは、ロマンの酒である。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック