2015年05月09日

珈琲健康法

コーヒー党には朗報だ。

ニュースによると、ある医療機関が過去19年間、延べ9万人を対象に追跡調査をした結果、コーヒーを1日3〜4杯飲む人は、飲まない人に比べて、病死の死亡率が25%ほど低いだとか。
カフェイン成分が、血管や呼吸器の動きを良くしているとされていたが…  本当かなあ。

長年、1日5杯以上、コーヒーを飲んでいるけど、ここまで大病をしたことはない。
だけど、お酒を飲むと顔が赤らむ方だから、血流はいいのだろうが、なんで下半身の血流が悪いのかは納得がいかんし、だいたい健康の常識なんてかんたんにくつがえることもある。
スポーツ中、水は飲んじゃダメ、足腰の鍛錬にはうさぎとびがいいなんて、全部くつがえされたじゃん。

コーヒーは、大人の飲み物という認識はある。
カフェインが脳を刺激して眠れなくするから、あまり飲みすぎるなとは言われていた。
気休めのタバコと相性が合うもんだから、コーヒーも不健康の代名詞と思いこまれていたようだ。
詰まるところ、飲み方なんだと思うが。

深刻な社会問題になっている、危険薬物 (危険ドラッグ) を吸引するのは、意外と普段はおとなしく、酒を飲めない人が手を出しがちと聞く。
薬物の力で、極端な行動に走るから、手におえない事件がおきるようだ。

やっぱり、少しお酒を飲めるぐらいが、日常のストレスを発散できる。
上手な飲み方を知っていれば、なおのこと心身のバランスも保てるもの。
仮にお酒が体質に合わなくても、引け目を感じず一緒に楽しめるのが、場の心得だったりもする。
それが年中 「健康のためには…」 なんて、歯止めの利かない話をされたら、シラケちゃうからね。
まあ、人に押しつけない、自分なりの健康法で生きるのが一番である。

コーヒーは気分をおちつかせるため、ウイスキーは会話を弾ませるため…  これがボクの健康法だ。
posted by GIG at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
オヤジも!
珈琲は気分をおちつかせるため、
お酒は会話を弾ませるためとスケベ噺の起爆剤(笑)
これが健康法かなぁ〜f^_^;
マスターッ!
これを同時に愉しませてくれるカクテルお願いいたしますッ。!
スーパーフルーツの
『コーヒーチェリーカクテル』!

Gig名付けて『スケベオヤジカクテル(笑)』
チガウかぁ〜f^_^;
Gahahahahahaha😎勝ち誇り
Posted by スケベオヤジ maemoto( ^ω^ ) at 2015年05月09日 14:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック