2015年04月25日

公式文章

カチッとした文章は、どうも苦手なんだよな…

某ミニコミペーパーに、かんたんな挨拶文 (紹介文) を依頼された。
形式はフリーフォームながら、不特定多数に向けた公式文章は慣れていない。
いや、慣れていないというより、ひな型文はハッキリといえばキライなの。

こういうとき、学識のなさがバレてしまう。
挨拶と時系列、抱負をノンシャラリンと書いて、ハイ、おしまい…  ハハ、いいかげんなモンだ。
表現上の制約は、つまらないからね。

知っているかな…  演奏者の中でも、アドリブをできる人もいれば、アドリブができない人もいる。
昔、知り合いに音大出身の女性がいて、難易度の高いクラシックピアノの譜面はサラッと弾きこなすが、空白の部分になるとお手上げなんだ。

たとえば、決められた朗読が得意な人もいれば、時々に応じたフリートークが得意な人もいる。
大勢を前にプレゼンテーション向きな人もいれば、対話型でディベート向きな人もいたりする。
前者はステージ向き、後者は裏方向きとも言えようが、良し悪しでなく、その人のタイプであろう。

普段から目にしていながら、なかなか書けないのが、少し仰々しい 「公式文章」 だったりする。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック