2015年04月24日

中学教師

夕方のニュースで、新潟市の中学教員がクラス全員に給食を食べさせず、減給処分にされたという。

その理由、教室のヒーターを破損した生徒がいたらしく、いさぎよく名のり出るまで、約4時間教室で缶詰にしたことを後日、親が体罰あつかいとみなし、教育委員会に訴えたとか。
その教師のやり方は不適切だけど、ボクはもしかしたら、こういう教師も必要なんじゃないかと思った。

普通なら、めんどうだと見て見ぬフリをするか、形式的に注意だけするか、問題を問題にしないだろう。
こうなると、生徒は 「ああ、この教師なら、何をしても怒らんぞ」 と、つけあがる。
だから、教師は真っ向から、生徒に善悪の区別をつけることを教えたかったものと思える。
なにも、犯人探しだけが目的じゃなく、傍観に対するわがクラスへの問い掛けもあったんじゃないか。
ただ… やり方がいけなかった。

その昔、学校でワルさしたら 「みんなで先生にあやまりに行こうか」 そんな仲間意識もあった。
じゃあ、あやまりに行って、先生が怒ったかと言えば 「しょうがねえなあ…」 ぐらいで終わり。
ちゃんと、おとしどころも考えていたと思うわけ。

それと、もし壊した現場を見ていながら、だれも気にとめない感じも気になったんじゃないかな。
もっと、クラスの絆のようなことを教えたいのだが、その先のPTAが理想論で居直ってしまうとかさ。
だけど… 指導が空回りした。

意外かも知れないが、ボクに子どもがいたら、こういう教師のもとにあずけたいね。
まず、子どもの心を折るような、陰険なイジメがおきない教室だろうと期待できるモン。

数年後… その生徒たちは、逆にこの教師に対して、申し訳ない気持ちになるんじゃないか。

最近の 「ロリコン校長」 「スマホ盗撮教師」 に比べれば、キチンと仕事 (教育) してるじゃん!
posted by GIG at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
『お前らッ!️ ヒーター壊したんかッ!️ 不可抗力で壊すこともあるッ!️けどな壊したら報告せんとアカンわッ!️ 自分の大切なものを壊されたらどない思う? 何で報告せえへんのや? 誰かいっしょに居たんか?・・・・・』

多分、普通の教師はこのような対応をするだろう。

想像で語ることはできないが、この事態は良い教育題材になる。『罪と罰』を教える良い機会でもあると思う。

対して、結果は教師の減給扱い!?

四時間の給食おあずけ! 上等です!

逆に昇給昇格対象者と思います。(^^)!
教育委員会!どないなってんねん?(・Д・)ノ
Posted by スケベオヤジ maemoto(o^^o)! at 2015年04月24日 18:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック