2015年04月12日

校長先生

10日 金曜日 どこの酒場でも、この話題は取り上げられていたであろう。

元校長64歳が、28年もの間にフィリピンで児童買春しており、その数1万2千人以上、下は13歳、上は70歳までも相手に、15万枚にもおよぶ、思い出ビデオを撮影してコレクションにしていたとか。
その証拠を押収した警察も、途中から発狂したんじゃねえの…

元教え子の女性によると 「私たちも、そういう目で見られていたとしたら、気持ち悪い」 とコメント。
それが、男の本音になると、生態系の本能だから 「そんなことできて、うらやましい」 になるんだ。
誤解しないでほしいが、男ならだれでも快感を求めたいが、それをさせない自分がいる。

自分を抑えることで、世の中の仕組が成り立ってるから、そのタガをはずしたときから、エロスの欲望に転落していくんであってさ。
責任を持てれば大人の秘め事でいいけど、大人を相手にできない児童買春なんて、カッコ悪いじゃん。

これじゃ、東南アジアに旅行する男は好奇な目で見られるだろうし、フィリピンからすれば、日本の男はどう思われているんだろうね。
掘りの中でもランクがあるらしく、婦女暴行や性的犯罪は他の受刑者から、一番バカにされるという。

中学時代、プール授業の合間に女子更衣室へ、外部から何者かが侵入したらしく、ゴッソリとパンツを持って行かれて、不気味な騒ぎになったことがある。
こういう事件を知ると、コレも 「もしかしたら、教師が犯人だったんじゃねえの…」 と思ってしまう。

最近でも、教え子にラブメールを送りつけたり、ついに男子生徒にもワイセツ目的で手を出したりなど、思春期の目覚めじゃあるまいし、殿堂入りの 「スペシャル・ティーチャー」 ばかりだ。
まあ、昔からあったと思うけど、今は情報が発達したから、すぐに大っぴらになる世の中である。

こうなると、職業以前の問題で、生徒と向き合っている教師まで、そんな人格呼ばわりされてしまうようで心苦しいし、本来、教師は父兄や生徒、社会からも尊敬と信頼を得ていた時代もあった。
当店のお客でもある教職の方は、生徒に勉強や部活を通した達成感、対話力を伝えているからね。

さっきの話に戻せば、リフレッシュの仕方を考えないと、晩年になってから、そんなことで 「レジェンド」 呼ばわりされたら、たまったもんじゃねえわなあ。
それにさあ…  児童買春に没頭している、自分の姿を見れば、みっともなくねえか。

上は70歳…  この元校長先生、どんだけスペシャルなんだよ!  (笑) 
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック