2015年03月23日

やぶさか

心から 「おめでとう」 と言わせてもらった。

彼との出会いは、7年ほど前…
居酒屋のカウンターで、偶然に隣り合わせとなったときは、万代で洋食を扱うコックさんだった。

その間、和食の修行を兼ねて数店舗を渡り歩き、33歳で念願を叶えて、南万代に小規模な居酒屋 「やぶさか」 を、3月19日にオープンさせた。

格子のドアを引くと、情に厚くて、腕に磨きをかけた 「I藤くん」 が、作務衣を着こなしていた。

その船出に思わず 「やったね!」 …   そんな言葉を皮切りに、22日の宵の口がはじまった。 
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック