2015年03月20日

共同幻想

日本を震撼させた、オウム真理教の 「地下鉄サリン事件」 から、今日20日で20年か…

オレ、あのとき、東京で暮らしており、わずかな代休を利用して、新潟の実家に帰省していたんだ。
朝、父親から 「東京で大変なことがおきているぞ」 の声で目覚め、会社に連絡した記憶があるもん。

あの事件で印象に残っているのは、高学歴で理数系の若いエリート集団が教団を支配していたこと。
それも、ボクとそう年齢が変わらない連中だったこと。
単純な若気の至りではなく、不良タイプの犯罪でもなく、総じて真面目タイプがひきおこした、組織的な凶悪犯罪だったこと。

このあたり、昭和の学生運動でおきた世間の錯覚と似ていて 「真面目で高学歴の高い学生が行動しているのだから、これは正しい革命なのかも…」 信者にはそんな思いこみもあったんじゃないかな。

実は純粋だから、危険な発想に毒ずいてしまうもので、その毒に肉体と精神が耐えられなくなると    「それはおまえの修行が足りないからだ」 と、突き放されるから、毒なくして生きられなくなるんだ。

「信じる者は救われる」  その発想を受け入れない者を 「バカ呼ばわり」 するときがある。
理解されないことがストレスとなり、次第に過激な思想が肥大化し、最後は暴走するパターンだろう。
集団化は共同幻想が生まれやすくなるけど、どこか原始宗教のようなところも感じさせられた。

ボクは 「無信論者」 だが、宗教は薬にもなるし、毒にもなると思っている。
それに、どこか知的なイメージがもたらす、催眠術のような気もしなくはない。
最初は純粋に神にすがったつもりだったが、本当は猛毒を持った悪魔だったりもするからね。

松本死刑囚は、日本を自分の支配下にしたかったのか、あるいは人を殺めて王国を作りたかったのか、20年たった今でも、さっぱり見えてこない。
何ごとも狂信的になることほど、自分を見失うと肝に銘じておきたいものだ。

決まりよく総括できる事件じゃないけど、語り継ぐことが次世代の教育対策につながることだと思う。 
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック