2014年11月19日

高倉 健

「高倉健」 が、運命を全うした。

俳優 「高倉健」 の魅力を語れるほど、作品は見ていないので、何とも言いがたい。
人間 「高倉健」 の魅力は、これまでに数多くの証言があるし、これからも語り継がれるだろう。

まず、あれだけの大スターなのに、その素顔は平凡な日常を大切にして、目上だろうが年下であろうが気づかいに長けて、気さくで偉ぶらない人柄が、人間としての厚みがあったとか。
これもきっと若いころから、仁侠映画の主演だったので、当然ファンの中には 「モノホン」 も雑じって いただろうから、自然と作法が身についたところもあるのだろう。

ヤクザは、矛盾した生き方だが、「仁義を切る」 「義理を重んじる」 など、われわれの一般社会よりも しっかりしているし、挨拶ひとつにしても、つべこべ言わせずに叩き込まれる。
それは、良くも悪くも力の世界で、どこぞの悪ガキであろうと、すぐにおとなしくなるほどだ。
男の世界では、長幼の序を守り、挨拶もロクにできなかったら、バカにされて相手にもされなくなる。

役柄、そういう世界との接点もあったから、好む好まざる、任侠を反面教師にせざる得なかったと思う。
それがバカスターなら、自分もヤクザの一員になったつもりになり、「虎の威を借りた姿」 をほのめかすだろうが、高倉健は姑息な生き方とは無縁な気がする。

僕より、ひとまわり半ほど上の世代には、健さんに憧れている人は結構いる。
真っ当に憧れた人なら、暴走老人のような、こっ恥かしい真似はしないだろう。

今は、象徴的なスターが不在だ。
「この人を手本にしたい」 とか 「この人を探りたい」 など、内面に興味を持たなくなった。
興味を持つとしたら、「ヘアースタイル」 に 「ファッション」 または 「しゃべり」 や 「ふるまい」 など、外見的なモノマネばかりで、内面的なスケール感に欠しいんだ。

若さの特権として、形から入るのは理解できる。
だけど 「似せた自分のかっこよさ」 にしか、目が向いてないから、薄っぺらい気がしてならない。
その意味で、高倉健の存在は、男の味わいがにじみ出た、貴重な役者のひとりだったと思える。

特別なファンでなかったけど、「幸せの黄色いハンカチ」 「鉄道員(ぽっぽや)」 は心に残った名作だ。
posted by GIG at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | Cinema Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マスターが好きな木枯らし紋次郎と通じるものがあります。
Posted by 銭方正次 at 2014年11月20日 19:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック