2014年11月14日

越冬仕度

13日 午後2時40分 友人にメールを送信後、部屋のカーテンを開いた。

予報どおり、外は寒気による暴風が吹きすさみ、グレーの雲が北東に流されていた。
すると雲の切れ間から、スカッとした青空が抜けて見え、陽の光が街中を照らした。
雲上のスカイブルーは、瞬く間にグレーにおおわれ、視線を落すと桜の木の葉がすっかりオレンジ色にそまっており、天と地のデジャブを見たような気がした。

今日は気温が一段と下がった。
それでも今冬、エルニーニョ現象の影響で暖冬となるらしく、平年より2〜3℃は気温が高くなるとか。
しかも、寒気が長く停滞することは少ないと聞くが、そうなればほどほどに嬉しい。

夜に仕事をする身分としては、天気予報は必ず目を通しておくことが日課である。
特に外出をはじめる昼下り、開店7時以降の空模様は気になってしまう。
悪天候に直面すると、客の引きは早いし、深夜は途絶えてしまうからね。

これからの時季、寒空の下、コートの襟を立てながら、街角を歩いてくるお客さんの心情を思えば、    店内を暖めておくのが人情。
冬の魅力は人との距離が少しだけ近くなり、何となく温かい気持ちにさせられる。

インナーを一枚、重ね着した。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック