2014年10月15日

So Tender

新潟を直撃すると思われた台風19号は、短時間に進路を変えて太平洋側に北上して消えた。

13日は、予め休店日にしていたので、開店休業とはならず、幸いにも休養に充てられた。

巻き返しの弱風が、余韻となった火曜の夜。
仕事帰りのお客さんが、肩の凝らないラベルを指さす。
複数のざわめき感、少数のひっそり感、どちらもバーの特性となる。

「バーで飲んだ」 と 「バーで過ごした」 とでは、少し意味が異なる。

僕自身、20代は 「バーで飲んだ派」 であり、「バーで過ごせる派」 になったのは、妻を同伴して    30歳も半ばになったころかと思う。
男も40歳を過ぎれば後者でありたいが、それまでの飲み方が習慣で出てしまうので、見る人が見ればどのあたりで飲んでいたか、素性は見抜かれてしまうもの。

男は慣れない場所へ行くと、変に個性ぶるから、態度が透けて見えるんだ。
「マナー」 と、「どうでもいいこと」 を混同すると、結婚披露宴の困った 「円卓集団」 に見える。
それをあえて言葉にせず、限度を見守る意味では (バー) 「テンダー」 であってね。

60歳前後の人からすれば、僕なんかまだまだ 「ヒヨッ子グループ」 である。
「暴走還暦」 は救いようないが、還暦のダンディズムは、伊達じゃないだろう。
それは理屈でなく、以前からあった価値観を次世代につないでいくという意味でね。

常連の序列は堅苦しいけど、常連の過ごし方は店の雰囲気に影響してくるから、バーのお客さんとは 「選ばれし者」 なのかも知れないと、最近は感じることが多くなった。

そうすると、バーのニュアンスは、「飲む」 より、 「過ごす」 のほうが、しっくりくる。
posted by GIG at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わかります。
若い頃は貧乏性で1つの場所に落ち着けず、しかも金もないから、安い居酒屋を見つけて何軒もはしごしてたが、さすがに40才すぎたら、かっこわるくてしませんが、家飲みばかりじゃ悲しすぎる。年下女房に言われた一言は、行くとこないのと言われてハッとした。
Posted by うめほし at 2014年10月15日 22:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック