2014年08月18日

妻の一言

足どりが重かったのかな…

妻が偶然、僕が街中をひとりで歩いていた姿を見かけたという。
会うや開口一番、「今日は休みらしく、少し休んだら…」とやんわり一言。
自分では軽い疲労感ぐらいにしか思っていないが、一緒に暮らしていれば表情などで悟られるものだ。

正月以来、2連休は取ったことはないし、営業時間も一定している。
今月は日曜を初日に連休をはさもうと思いきや、元来の貧乏性が店へと向わせてしまうあたり。
だからと言って、日常が退屈で変わり映えしないと嘆いてないし、自分の意思で行動している。

だけど気を張り続けていれば、意識あるなし関わらず、どこかに疲れの反動が出るのもしかり。
事務的に言葉を返していたり、神経を苛立たせてたり、ストレスをためこんでいるつもりもない。
しかし、妻はどこかお見通しであり、こればかりは理屈ではなく、夫婦にしかわからないことだ。

今夜、妻の一言に耳を傾けて、僕は3ヶ月ぶりに、銭湯のお湯に肩まで浸かってきた…
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック