2014年03月09日

休日半日

たまに「二連休」ほしいと思うときがある。
二連休できたら、きっと多くのことをできるんだろうなって…

毎週二連休だったら、1日はリフレッシュに使い、1日はゆっくりと休養に充てる。
一般的な社会制度であり、あたりまえの発想でしかないが、個人事業主になれば自由は利くどころか、  そんなことは言ってられない。

休日の内情は、実質半日。
半日の中で欲求や休養をまかなうんだから、本当に時間のありがたみがわかるというもの。
ひとりで飲み歩きたくなる、気持ちは理解してもらえるであろう。

夜の行動を動物に例えるならば、宵の口は犬であり、夜更けになると道に迷ったタヌキのようになる。
自宅からほど近い場所に、24時間営業のマクドナルドがある。
深夜の帰り道、カウンターにひとり立ち尽くし、なぜかオーダーをしてしまう自分がいる。
「テリヤキバーガー」と「フライドポテト」、それから「チキンナゲット」、ソースは「マスタード」で…
それも単品志向なので、「セット」を注文したことはないというより、考えるのがめんどうなだけ。

それに客席で食べたことはなく、すべて持ち帰り(おみやげ)であり、酔っているときにしか入らない。
だからかな… 女性店員にオーダーをするとき、奥のバックヤードから店長らしき男性店員も出てきて、正面2枚看板で対応されてしまうんだ…  わしゃ、VIPか。
この際、ハッキリさせておきたいことは、客としての物腰や番号札を持って席に待機している間でも、  オレ、絶対に礼儀正しい客だと思っているからね。
「番号札、何番をお持ちのお客様…」と呼ばれれば、「ハイ」と返事をしてサッと立ち上がるしさ。
酔った「オーラ」は仕方あるまいが、酔ってるとしても「ダンディズム」はもっているわけよ (笑)
深夜の防犯対策には違いないだろうが、「オレ、不審人物じゃねーし…」  (T_T)

そんなあたりまえの小さなことさえも、楽しかったりするのが休日半日。
それが二連休だったら、きっともっと楽しい出来事にも遭遇するんだろうな。
そういうところはうらやましく思うが、職種がらお客さんが土曜の休日気分を背負って来店してくれるので半日分は気持ちが緩和されていることもあるんだ。

でもさ… 酔った勢いでアダルトショップに入って、変なモノを買うおやじと比べればまだかわいいだろ。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック