2014年02月19日

流通マヒ

関東甲信の大雪が物流ルートを遮断したため、この4日間ほどは近くの大型スーパーでも、品薄な  食材が申し訳なさそうに並んでいた。

たまには、いいんじゃないか…
新潟は直撃ではないにしろ、不測の事態がおきたとき、便利になりすぎた生活に気づくであろう。

生鮮食品が特売日となるイオンの火曜市。
品薄に文句をたれている客も見かけた。
僕はコンビニができる以前を知る世代なので、あんまりガタガタと食材で嘆かないほうだ。
腹が空けば朝まで我慢していたし、そういう経験が少し辛抱することを覚えさせてくれた気がする。

しかし、今では新しい飲食店などにダラダラと行列してまで、食べようとする国民文化になった。
だから、品薄な状態に文句を言うようになったし、どこか精神的な誇りを忘れちゃったと言うか。
これって、もしかして「精神の飢餓感」じゃないのかと思うわけ。
感覚的には、東日本大震災で味わっているはずだが、人の気持なんて「のど元すぎれば熱さ忘れる」。

さっきの話に戻れば「何で品物がないんだ」と、品物がないことについて怒っていた。
「なぜ、品物が入らないのか」…  その理由に疑問を抱かず、ないことに感情的になる始末。
物事を順序立てて、考えられないんだと思える。
それじゃあ、クレーマーと同じ思考回路であろう。

苦言を呈することは、消費者としては大切なことである。
だが、たずさわる人を相手にわがままな言動を見ると、個人的に楽しい買物時間が不快な気分になる。
スーパーは事務的ではあるけど、それに慣れきってしまったわりには、文句だけはいっぱしだからね。
お客だからと、店員に威張る権利はないし、その前に新聞を読んでニュースで世の中を見ろである。

そんなわけで、今日の食卓には、おかずのつけ合わせの「キャベツミックスサラダ」がないのだ。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック