2013年12月31日

2014 睦月

【1月定休日】   
年始は3日より営業致します  
     5日(日) 13日(月) 19日(日) 26日(日)
     (12日(日)通常営業)
 住所    新潟市中央区 東大通2−9−5 
 電話    025−247−1644
 営業時間 19:00 ⇒ 深夜3:00
 定休日   日曜日 
 客席数   カウンター10席  ボックス席(5〜7名)

昨晩、今年最後のお客を見送ったのが、日付の変わった31日の深夜3時5分。
棚卸は先送りにして、あとかたづけも終わり、火元の確認と戸締りも完了。
2013年の営業は4時10分、無事に終了した。

大方、年の瀬に願うことは、「家内安全」「商売繁盛」「交通安全」というところか。
僕の世代になると、これからどうしても避けては通れないことがおきてくる。
近親者からの喪中、行事でいえば葬儀だ。
唐突な連絡もあれば、余命の噂も耳にすることもある。

別れには美学がある。
心の整理をしながら、覚悟をもってきたるべき日に備える。
生前に会うことで、後に本人の遺志を汲むこともあるだろう。

7年前、親戚の伯母を見舞いに行った時には、風前の灯だったので会話ができなかった。
だけど数日前、近親者には僕宛にメッセージをつぶやいていたという。
それは日常の小言であり、伯母にとって僕はいつまでも子どもであることに涙した。
華やかに見送ってほしい、葬儀は盛大に頼むなんてことは言わない。
ドラマで描かれるような、別れの場面はどこにもない。
つまり、人は死ぬときは自分ひとりを自覚した気がする。

順番からすれば、人を見送ることが多くなる。
年明けの歓び以上、これからはおちつきを要することになるだろう。

年頭祈願 胸中は「無」である。
 
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Infomation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック