2013年11月07日

粋な心遣い

サラリーマン時代と比べて、大きく変わったひとつには、差し入れが多くなったことがあげられる (笑)

カウンター1枚隔てた内側の空間は、ほとんどの店主が個人事業主である。
組織的に「仕方ないつきあい」(領収証)とは一味違い、その関係は個人的なニュアンスのほうが勝る。
僕が嬉しく思うのは、いただきもの以上に、その人の心遣いが見えるところにある。

包装した場所はどこでもいいさ。
「手みやげでも持っていこうかな…」と思ったとき、僕らの嗜好を描きながら手にされたであろう。
中身以上に大切なことは、こういう人の気持ちのほうなんだ。

それが食品であれば味覚以上に、その人を話題に楽しく団らんできる。
「空港内をいろいろ探し回ったのかな…」とか、「試食コーナーのマネキンに勧められたのかな…」など、    その人の「お茶目な買物姿」を想像すると微笑ましくなるものだ。

それも毎回ではなく、たまにのことだから、庶民的な人情や連帯感を覚えるのであってさ。
会話にしても、お客さんが「みやげ話」を聞かせてくれるから、臨場感が溢れて楽しいひとときにもなる。
差し入れは有形無形かかわらず、センスひとつ語意ひとつで、相手を喜ばせられる優れもの。
「粋を愛する日本人」ならではの心遣いであると思える。

このところの連休を境に心遣いが多かったので、商売感情なくありのままの気持ちを綴ってみた。
誤解されたくないのは、この文章は職業上の務めではないこと。

一過去も振り返って、この場を借りてお礼申し上げます。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック